--/--/-- (--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2015/01/22 (木) 07:10:13

冬の大山、青空と風雪の世界。

2015/01/18
Nikon 20150118 109

舞い上がる雪



鳥取県大山町、中国地方最高峰の大山(1729m)へ登りました。
日本海側に面した独立峰であることに加え、周辺の中国山地よりも標高が抜きん出て高いことから、冬季の天候は厳しさを極めます。
そんな冬山シーズンの最中ですが、この日は天候が安定して穏やかな日和となり、前日の新雪を踏みしめながら登りました。




















夜明け前の伯耆富士
Nikon 20150118 003



Nikon 20150118 013

西側から見る大山は富士のごとく、穏やかな裾野を広げています。
雲はあるけど、快晴の予感がします。















南光河原から見上げると、意外と雲が多いような・・・。
Nikon 20150118 014

7時50分ごろ、登山口を出発します。
そして、夏道コースで弥山(1709.4m)へ歩いていきます。

雪のない季節であれば最も安全で馴染み深いコースではありますが、今のような時期には必ずしもそうとは言えない場合もあるかと思います。
去年は年明け早々に天候の穏やかなタイミングで、6合目の少し上まで登りましたが、そこで撤退しています。
ただ、冬季において、もしも登ることができるとすれば、おそらく弥山までのこのコースしかないと思いました。
いずれにしても6合目より上部は未知の部分ではありましたが、天気予報をよく確認した上で、山頂まで行ってみることにしました。










スギ並木
Nikon 20150118 016

登り始めは僧坊跡が数多く見られる中を進みます。
こうしたところでは当時の植栽の名残なのか、比較的スギが多く、ミズナラやブナもこれに加わるかたちで混生しています。





常行谷の対岸尾根
Nikon 20150118 017





樹氷の中を進む。
Nikon 20150118 023

徐々に雲がとれてきました。




















青空と樹氷
Nikon 20150118 033










Nikon 20150118 116

Nikon 20150118 031

Nikon 20150118 026

Nikon 20150118 043

Nikon 20150118 036

Nikon 20150118 040

Nikon 20150118 054

Nikon 20150118 119

Nikon 20150118 041

Nikon 20150118 053

前日は中国山地沿いや山陰地方を中心に降雪があり、大山寺周辺でも30cm以上積雪量が増加したようです。
ブナ林帯ではその際に形成された樹氷が見られ、日の当たらない中では空の青を反映しているかのような色合いとなっていました。
梢の先々に至るまで着雪・着氷して枝垂れ、普段見るブナの樹形とはやや異なり、景色の雰囲気に新鮮味を感じました。




















甲ヶ山(かぶとがせん、1338m)と三鈷峰(1516m)
Nikon 20150118 037



五合目
Nikon 20150118 047



Nikon 20150118 050



Nikon 20150118 062





森林限界を越えた。
Nikon 20150118 056















9時40分ごろ、6合目の避難小屋に到着。
Nikon 20150118 058





これより先は・・・
Nikon 20150118 061

さらなる段階へ・・・。

ここで多くの方が、10~12本爪のアイゼンやピッケルなどを軸に装備を整えて出発していきます。
他にも、ヘルメットやゴーグルだけでなく、フェイスマスクやネックウォーマーなど、肌の露出も極力避けているようでしたが、これがどういうことか後で思い知ることとなりました。

本格的な装備の方々に圧倒され、10本爪軽アイゼンと先端ゴムを外しただけのストックのみで挑むのは不適切かと不安になりました。
ただ、あるグループの方が声をかけてくださり、その最後尾につくようアドバイスを頂きました。




















雪の締まった尾根を急登していきます。
Nikon 20150118 065



振り返るが、歩いたルートは見えない・・・。
Nikon 20150118 070



白い北壁を横に見ながら・・・
Nikon 20150118 112










Nikon 20150118 107

Nikon 20150118 111

「穏やか」とは言っても、6合目から上は尾根を渡る風が強く、積もっていた雪氷を元谷側へ吹き飛ばしていきます。
気温も低いようで、ホルダーの水も一部が凍り、唇も凍り、やがて頬の感覚もなくなりました。
ネックウォーマーくらいなら持ってこれたのになあ・・・と後悔しました。















大山山系の山やピークなど
Nikon 20150118 075

奥側2つ・・・左が甲ヶ山、右が矢筈ヶ山(?)
中央・・・三鈷峰
手前右側・・・別山





Nikon 20150118 071




















緩やかな弥山台地へ。
Nikon 20150118 074

Nikon 20150118 079

Nikon 20150118 076

Nikon 20150118 080

Nikon 20150118 092

日本最大のキャラボク純群落はすっかり雪に埋もれていました。
こうした状態で冬を越す点は、ハイマツの生育形態とよく似ています。

なだらかな勾配の雪面には随所に風と雪による不思議な模様が浮かび上がっていました。















まだ雪に埋まっていない山頂避難小屋
Nikon 20150118 103



Nikon 20150118 105










Nikon 20150118 101





山頂碑が少しばかり掘られてあった。(10:46)
Nikon 20150118 098




















山頂から・・・
Nikon 20150118 090

Nikon 20150118 100

海岸近くまでは積雪していないようです。










中国山地の山並み(南西側)
Nikon 20150118 096



毛無山(けなしがせん、1218.4m)
Nikon 20150118 094



おそらく道後山(1268.9m)か・・・。
Nikon 20150118 095










剣ヶ峰(1729m)・主稜線方面
Nikon 20150118 084



烏ヶ山(1448m)と、その向こうに皆ヶ山(みながせん)や蒜山三座などの稜線も・・・。
Nikon 20150118 083



崩落斜面
Nikon 20150118 089





Nikon 20150118 082















Nikon 20150118 099

弥山の三角点を見送り、下山開始。(10:57)




















下りでも樹氷に目を奪われ・・・
Nikon 20150118 115

登山口までお世話になったグループの方々と気持ちよく挨拶を交わして、本日の山行は終わりました。(12:32)
青空の下、山からの展望や新雪による樹氷など、今シーズン一番の山歩きができたような気がして、充実した一日となりました。










大山寺界隈からも見えるようになっていた。
Nikon 20150118 121



青空に白く映える伯耆富士
Nikon 20150118 126




















おまけ・・・

時間に余裕をもって帰路につきましたが、程なくして睡魔が・・・
蒜山高原で暖かな日差しを浴びながら、車で仮眠をとると、気づいたときには夕方となっていました。





大山南壁と烏ヶ山
Nikon 20150118 128



三木ヶ原
Nikon 20150118 133



三平山(1009.8m)
Nikon 20150118 135










Nikon 20150118 138

燃えたぎるような夕焼け雲がこの日の最後です。


スポンサーサイト
Trackback(-) comment (8) | 中国山地(大山山系)
中国地方・中国山地へ・・・・自然や植生、その風景を求めて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。