--/--/-- (--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2015/02/27 (金) 18:17:15

岩屋の森と佇むカツラの巨樹。

2015/02/22
Nikon 20150222 061


岡山県鏡野町、泉山を擁する稜線の東側、香々美川流域の岩屋集落にある岩屋神社に行きました。
その社叢は「岩屋の森」として郷土記念物に指定され、この地域の極相を概ね反映した植生であるとされています。




















社叢を取り巻くスギ人工林
Nikon 20150222 058

社殿も含めて、社叢は西側急斜面の下部にあります。
斜面一帯を覆う人工林の中で、社殿より奥に細長く社叢が残されているような感じです。
ただし、平面上における面積としてはとても小規模ではないかと思われます。








社叢の様子
Nikon 20150222 057



サルナシの蔓
Nikon 20150222 060


ケヤキ
Nikon 20150222 086

社殿近くには神木と思われる大きなスギが数本ありますが、全体的にはケヤキを主体とした森ではないかと思います。
高木種としては常緑広葉樹のシラカシも見られますが、こちらは高木層に達するような大きさのものはありません。
社叢の北側からは竹(モウソウチク)が侵入しつつあり、植生の構造を変貌させてしまう懸念があります。

林内にはシロダモ、ヤブニッケイ、ヤブツバキ、アオキ、ヒサカキなどの常緑広葉樹が見られます。(落葉樹は除いています。)
このうち、高木~中高木とされるシロダモとヤブニッケイは比較的樹高の低い小さなものが目立ちます。
一方で、二次林内などで低木状のものをよく見かけるヒサカキは、ここでは樹高が高く、見上げていないと存在が確認できません。
林床に笹は見られず、ヤブソテツ類やイワガネソウなどのシダ植物が点々と生育し、一部の転石や倒伏木などを蘚苔類が覆っている状況です。















カツラの巨樹
Nikon 20150222 064

樹高約20m、幹回り約15m、推定樹齢は700年とされています。
中央付近には主幹があったと考えられており、現状では13本の幹が株立ちしています。
転石などの堆積した不安定な急傾斜地に根を下ろしていますが、斜面下側では一部の根が浮いています。








Nikon 20150222 067

Nikon 20150222 069

Nikon 20150222 070





Nikon 20150222 074

カツラ
カツラ科カツラ属の落葉広葉高木。
北海道、本州、四国、九州に分布し、暖温帯上部~冷温帯域に出現する。
主に山地の川沿いや谷筋に自生し、「渓畔林」や「河畔林」の植生構造に加えられることが多い。
また、北海道では低地でブナを欠く冷温帯性の広葉樹類とともに、亜寒帯性針葉樹と普遍的な混交林を構成している。
フサザクラやイヌブナなどと同様に、株立ちしやすい性質によって、岩石や土砂の流動が著しい不安定な立地にも適応している。
こうした性質から幹を次々と更新することが考えられるが、幹は一本でも長寿であり、各地にこの樹種の巨樹が存在する。
原生的な森の象徴と見なされる樹種である一方で、寺社などで見られる場合にはたたら製鉄に関連して植栽された可能性も考慮せざるを得ない。




















春を感じさせる雨が降り注いでいました。

Nikon 20150222 056

Nikon 20150222 089

Nikon 20150222 087








流域の上流部へ・・・。
Nikon 20150222 106

積雪地の景色にもみずみずしさが感じられました。


スポンサーサイト
Trackback(-) comment (0) | 中国山地(鏡野町)
2015/02/25 (水) 21:48:07

海辺の森、原生的な2つの植生。

201502/18
Nikon 20150218 028

荒廃した笹尾山の斜面と鬱蒼とした天神社の森


岡山県備前市、瀬戸内海に面した地域の森を見て回りました。
人為的影響を強度に受けた県南部ですが、一部の寺社などには原生的な面影を残す貴重な植生が見られます。
この日は備前市内の2箇所、常緑広葉樹で占められる社叢を訪ねてみました。




















久々井八幡宮
Nikon 20150218 009

Nikon 20150218 036

片上湾の近く、笹尾山の南東側斜面の下部を覆う常緑の森です。
境内の東側や斜面上方には古くに植林され(?)大径木となったヒノキが多く見られますが、境内の周囲、特に西側を中心にシイノキ類が優占する林分となっています。








Nikon 20150218 012

Nikon 20150218 016

Nikon 20150218 020

Nikon 20150218 013








スダジイと思われる。
Nikon 20150218 002

国内のシイノキ類(ブナ科シイ属)はスダジイとツブラジイに分類され、さらに奄美大島以南には前者の亜種としてオキナワジイが分布するそうです。
スダジイとツブラジイの区別はやや難しい一面もあり、両者の中間型(交雑種)も存在するとされます。
いくつか区別するポイントがありますが、葉と樹皮の特徴を見る限り、この森はスダジイ林ではないかと思っています。
ヒノキを除き、高木層を構成するのはこの樹種のみのようで、高木種としては林縁部に若いアラカシがごく僅かに見られる程度です。








スダジイの樹冠
Nikon 20150218 024

分厚く鬱蒼と生い茂っているように見える樹冠・林冠も、中から見上げると効率良く枝葉を展開していることが分かります。
光を得られないなどの理由で不要となった枝葉は淘汰されて、「こんもり」とした林木の外見とは裏腹に、樹冠内部はすっきりとしています。








森の内部
Nikon 20150218 003

林内には高木種の若木や稚樹などを除いて、樹皮の滑らかなヤブツバキやカクレミノなどが生育しています。
一年を通じて薄暗いために、林床に笹や草本類などはほとんどありません。








混生するヒノキの大径木
Nikon 20150218 004


シイノキ類(スダジイ?)の葉
Nikon 20150218 014


ヤブツバキ
Nikon 20150218 022




















高良(こうら)八幡神社
Nikon 20150218 080

日生港東岸の奥にある小さな岬の上に神社の屋根が見えています。
この岬は楯越山(126m)から西側へ延びる尾根の末端でもあり、その部分にはウバメガシを主体とする常緑広葉樹林があります。








Nikon 20150218 065

Nikon 20150218 061

Nikon 20150218 039

Nikon 20150218 062

Nikon 20150218 038








ウバメガシ林
Nikon 20150218 052

ウバメガシの他にクスノキも僅かに混生しており、また森林としては樹高が低いために小高木であるヤブツバキも林冠を構成しています。
林内にはトベラ、マサキ、シャシャンボ、クチナシ、カナメモチ、ヒサカキなどが見られ、少ないながらネジキやモチツツジもあります。
匍匐茎で増殖するシダ植物のヒトツバが密生しているところが多く、暖地の海岸林植生を特徴づけている一面も垣間見ることができます。








ヤブツバキを交えるウバメガシ林の林冠
Nikon 20150218 059


Nikon 20150218 068


胴吹きの発生が著しい。
Nikon 20150218 055

林冠を上から眺めてみると、先に述べたスダジイ林に比べて雑然としていて「こんもり」とした感じには見えません。
ただ、著しい胴吹きにより樹冠内部でも比較的多くの枝葉を展開しているためか、そうした面から鬱蒼とした雰囲気が感じられます。








ヤブツバキの蕾
Nikon 20150218 049


トベラ
Nikon 20150218 042


マサキ
Nikon 20150218 058


シャシャンボ
Nikon 20150218 045


多くの毛をまとうモチツツジ
Nikon 20150218 048



林床を覆うヒトツバ
Nikon 20150218 056


ウバメガシの幹にも匍匐茎で這い上がる。
Nikon 20150218 057





風格のある境内のウバメガシ
Nikon 20150218 069




















片上湾
Nikon 20150218 032

小波の静かな海です。


Trackback(-) comment (0) | 岡山県南部
2015/02/21 (土) 22:46:29

冬の下帝釈峡、川べりを歩いてみる。

2015/02/15
Nikon 20150215 081


広島県屈指の峡谷、石灰岩台地を侵食する帝釈峡へ行きました。
今回は中でも秘境とされる下帝釈峡の一部を歩いてみました。




















帝釈川ダム下流の断崖群
Nikon 20150215 006


はじめはヒノキ人工林を緩やかに下っていく。
Nikon 20150215 010


傾斜が急になるところで雑木林に変わる。
Nikon 20150215 012

コナラ、イヌシデ、ヤマザクラ、ホオノキなどの落葉広葉樹が主体で、シラカシやイヌガヤなどの常緑樹も混生しています。
露岩の目立つ尾根などではソヨゴも多く、またチョウセンヒメツゲもこうしたところでは目立ちます。
斜面を下っていくにつれ、ケヤキ、オニイタヤ、チドリノキなど、暖温帯上部域の渓畔林に位置づけられる植生へと徐々に変化していきます。
林床にはミヤコザサがよく見られますが、密に生い茂っているところはなく、基本的に茂りは薄いか疎らな感じです。
そして、こうした笹も斜面を下るにつれて徐々に見られなくなっていくようです。




















石灰洞(鍾乳洞)から湧き出た水路
Nikon 20150215 013





帝釈川へ流れ込む。
Nikon 20150215 095

Nikon 20150215 099


苔に染み入る水
Nikon 20150215 103





Nikon 20150215 093

普段より水量は少ないようで、川床を手軽に歩き回れます。
これより上流側は程なく行ったあたりで淵にぶつかり、先へ進めないので、今回は下流側へ普通の足回りで行けるところまで散策しました。















Nikon 20150215 086

Nikon 20150215 018

Nikon 20150215 020

Nikon 20150215 042

Nikon 20150215 027





急傾斜地ではイヌブナの混じるところもある。
Nikon 20150215 108


リュウノヒゲの結実
Nikon 20150215 107


蘚苔類のコウヤノマンネングサ
Nikon 20150215 015


オオバギボウシの炸裂した果実
Nikon 20150215 032


根が洗われたオオバギボウシ
Nikon 20150215 037


スズシロソウ
Nikon 20150215 074















長居は避けたい石灰岩の崖下
Nikon 20150215 029

時折、淵の方からは落石や転石が水面を打ち破る大きな音が響いてきます。
持続的な侵食や崩落など、帝釈峡の景観が維持されているのはそうした要因があるからだということを改めて認識しました。





対岸の様子
Nikon 20150215 036

河川の水流の影響を受けにくい箇所には崩落した岩石や土砂の堆積が進み、それらによる斜面が形成されているのが見て取れます。















ある鍾乳洞への道のりは整備されているようです。
Nikon 20150215 035



張り出した、滑りやすい岩場はロープを伝って高巻きしました。
Nikon 20150215 041





Nikon 20150215 034




















Nikon 20150215 079


Nikon 20150215 048

崖にはイブキの自生も見られる。





ヌートリアのテリトリーにもお邪魔して・・・。
Nikon 20150215 047




















Nikon 20150215 080

Nikon 20150215 065

Nikon 20150215 052

Nikon 20150215 044

Nikon 20150215 050



いきついた淵
Nikon 20150215 062




















淵の対岸
Nikon 20150215 071

距離にして少しばかりでしたが、新天地の散策を楽しみました。


Trackback(-) comment (1) | 吉備高原(神石高原)
2015/02/17 (火) 21:13:29

山間に咲いたセツブンソウの花々。

Nikon 20150211 127


2月上旬から中旬にかけて、岡山県内のセツブンソウ自生地のうち、美作市の2か所と岡山市の2か所を見て回りました。
そろそろ満開となる場所もあるかと思いますが、見て回った段階ではまだその状態には達していませんでした。




















美作市南 河会山野草群生地

北側斜面最下部の岩石や土砂の堆積地で、栗林として長らく維持されてきたところです。
周辺(斜面)の植生は落葉広葉樹二次林やスギ・ヒノキ人工林などであり、群生地内ではモウソウチクの竹林も小さなものがあります。
群生地内の地形は、一部平坦な場所があって若干段状となっていますが、概ね緩傾斜地といえそうです。
ここではセツブンソウだけでなく、春植物を主体にいくつかの山野草類も生育しており、現在ではこれらを中心に手厚く保護管理がなされています。



Nikon 20150211 138

Nikon 20150211 128

Nikon 20150211 133

Nikon 20150211 149

Nikon 20150211 131

Nikon 20150211 124

Nikon 20150211 137

Nikon 20150211 122

Nikon 20150211 145

Nikon 20150211 144





降り積もったクリの落ち葉と・・・。
Nikon 20150211 140


薄暗い箇所では草丈がやや高い。
Nikon 20150211 151




















美作市田殿 田殿神社
Nikon 20150211 180

北西側斜面の下、平坦な境内に群生しています。
現在ではセツブンソウ保護のための管理がなされています。
時期的なことによる部分もありますが、何より境内の西側に落葉広葉樹を伴う常緑樹の優勢な鬱蒼とした小林分があるため、全体的に日照量がやや限られる環境ではあります。



Nikon 20150211 184

Nikon 20150211 185

Nikon 20150211 191

Nikon 20150211 188

Nikon 20150211 192

Nikon 20150211 196





境内西側の比較的発達した樹林
Nikon 20150211 198


芽出し直後、蕾、開きかけのものなどが多かった。
Nikon 20150211 181




















岡山市北区建部町

北側斜面の最下部、切られたような急斜面に群生しています。
周辺はスギ・ヒノキ人工林や落葉広葉樹二次林などで、群生地内の上部には植栽されたクリの木が数本あります。
急斜面であるがゆえに光の差し込みにくい環境となっています。



Nikon 20150213 078

Nikon 20150213 085

Nikon 20150213 069

Nikon 20150213 075

Nikon 20150213 053

Nikon 20150213 044

Nikon 20150213 047

Nikon 20150213 050

Nikon 20150213 061

Nikon 20150213 076





やや色合いの異なる個体
Nikon 20150213 067


八重咲き
Nikon 20150213 066


この日は雪が舞っていた。
Nikon 20150213 086




















岡山市北区御津
Nikon 20150213 093

北西側斜面の最下部付近で草刈り等の管理がなされる範囲に生育しています。
周辺の斜面は落葉広葉樹二次林であり、群生地内には林縁付近を除いて梅林やシキミの植栽などがあります。
セツブンソウの保護を目的とした管理が行われていますが、徐々にその範囲は狭まってきているようです。



Nikon 20150211 213

Nikon 20150211 204

Nikon 20150211 225

Nikon 20150211 220

Nikon 20150211 221

Nikon 20150213 100

Nikon 20150213 102

Nikon 20150213 096

Nikon 20150213 124

Nikon 20150213 109

Nikon 20150213 118

Nikon 20150213 108

Nikon 20150213 125





藪が濃くなりつつある梅林
Nikon 20150213 103


梅の木の根元で・・・。
Nikon 20150211 209


シキミの下にも・・・。
Nikon 20150213 113




















Nikon 20150213 094

セツブンソウ
キンポウゲ科セツブンソウ属の多年草。
主に春の間だけ地上部を展開・維持するスプリング・エフェメラル(春植物)で、晩冬~早春に芽吹いて程なく開花する。
分布は本州の関東地方以西の太平洋側地域で、中国地方では岡山県と広島県に多くの群生地がある他、山口県東部でも群生地が確認された。
本来は石灰岩地帯の森林内の条件の良い限られた箇所に細々と生育していたと考えられている。
実際の群生地の多くは人里近くの斜面下部の林縁や栗などの栽培林などであり、これらは人為的な影響下に偶然適応して群生するに至ったと推察される。
他に北側斜面や岩石・土砂の堆積地なども自生地として共通しやすい傾向とされる。
現在では多くの場所で保護活動がなされているが、自然状態で自生が維持されているところも僅かに存在する。


Trackback(-) comment (8) | 山間地域(岡山県)
2015/02/09 (月) 22:32:13

冬の岡山県北部、白銀の高原めぐり。

DSCN8784.jpg

湖畔にて・・・

2月7日、この日は縦走登山を考えていましたが、道中に仮眠をとってしまい、時間的に余裕がなくなって断念しました。
その変わり、その他に登る可能性のある山々の出発地点(最終除雪地点)などの下見を兼ねて、恩原高原と蒜山高原をドライブしました。




















午前中は恩原高原へ・・・


恩原湖
DSCN8789.jpg

DSCN8803.jpg

DSCN8813.jpg

DSCN8811.jpg

氷紋が見られないかと期待しましたが、ほぼ全面が凍結している上に深く積雪し、雪原と化していました。










湖畔のシラカンバ林
DSCN8793.jpg















DSCN8775.jpg

DSCN8781.jpg

DSCN8782.jpg

前夜に雪が降った形跡はありません。
しかし、今朝は放射冷却の影響で強く冷え込み、木々の梢は厚い霜で縁どられ煌めいていました。










雪面の結晶?
DSCN8794.jpg



DSCN8804.jpg



クラックが発生した斜面
DSCN8805.jpg



ノウサギたちの足跡
DSCN8810.jpg



Nikon 20150203 002



小鳥のつがい
DSCN8768.jpg



最終除雪地点から延びる山スキーのトレース。
DSCN8767.jpg















赤和瀬地区
DSCN8827.jpg

DSCN8832.jpg

DSCN8841.jpg

DSCN8842.jpg

DSCN8845.jpg















恩原高原を取り巻く山稜
DSCN8840.jpg





DSCN8835.jpg

DSCN8837.jpg

DSCN8836.jpg

拡大造林による人工林やそれらに伴うその他代償植生、残存(?)している大木やその林分、急斜面でのクラック・・・
山肌に目を凝らすと色々なことが見えてきます。
あの県境稜線もいつか日を分けて歩き通してみたいと思っています。




















午後に入って蒜山高原へ移動・・・


集落越しに見る蒜山の山並み
DSCN8877.jpg



蒜山三座(左から上蒜山、中蒜山、下蒜山という順。)
DSCN8890.jpg



雲に接する中蒜山
DSCN8881.jpg



上蒜山付近から派生する尾根
DSCN8892.jpg










DSCN8888.jpg

DSCN8886.jpg















集落の一角
DSCN8896.jpg





DSCN8878.jpg

DSCN8876.jpg

DSCN8894.jpg

耕作地、農道、放棄地など・・・。















蒜山高原の西側には三平山もそびえています。
DSCN8873.jpg

DSCN8879.jpg















三木ヶ原と烏ヶ山
DSCN8868.jpg

DSCN8871.jpg



大山南壁
DSCN8874.jpg





DSCN8870.jpg




















数日前の県北部・・・
Nikon 20150203 054

これは予報されてなかった降雪です。


Trackback(-) comment (0) | ぶらり散策
中国地方・中国山地へ・・・・自然や植生、その風景を求めて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。