FC2ブログ
--/--/-- (--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2015/03/02 (月) 23:37:42

吉舎に咲く花、冷たい雨に透ける白。

2015/03/01
Nikon 20150301 069

雨に打たれてうつむく。


この日は所要の帰路で、旧吉舎(きさ)町にあるユキワリイチゲとセツブンソウの自生地へ立ち寄りました。
旧甲奴(こうぬ)町とともに現在の広島県三次市の南東部にあり、上下川を挟んだ両岸にそれぞれが群生しています。




















ユキワリイチゲの群生地
Nikon 20150301 039

西側斜面下部で、周辺は落葉広葉樹二次林が主体となっており、群生地の上方の一部にはヒノキ人工林もあります。
谷などの目立った集水域がなく、加えて西日も差し込むことから、立地としては高温と乾燥に比較的見舞われやすいことが考えられます。
道路に面しているため、斜面の一部は法面として切られてコンクリートのフリーフレームが施工されていますが、その枠内にも生育が見られます。










多くは花を閉じて・・・。
Nikon 20150301 051

Nikon 20150301 049

Nikon 20150301 052

Nikon 20150301 048

Nikon 20150301 045

暖かく日差しに恵まれた日に花開きますが、この天候では・・・。
ちらほらと、綻びかけたものを見つけました。








タチツボスミレ
Nikon 20150301 047


地表を這うテイカカズラ
Nikon 20150301 053


ユキワリイチゲ
Nikon 20150301 041




















セツブンソウの群生地
Nikon 20150301 079

こちらは東側斜面の下部であり、群生地内外の植生には常緑性の植物が目立ちます。
スギ・ヒノキ人工林やモウソウチク群落、また落葉広葉樹二次林としても斜面下部では高木層に常緑広葉樹が比較的多いようです。
また、セツブンソウが高い頻度で見られる箇所では栗や梅などの植栽もあります。
地形は耕作地などの名残としてやや段状となっており、土壌の水分条件にも恵まれているようです。










Nikon 20150301 070

Nikon 20150301 082

Nikon 20150301 078

Nikon 20150301 063

Nikon 20150301 077

Nikon 20150301 081

Nikon 20150301 067

ここはセツブンソウの自生地としては開花期間が遅いため、対岸のユキワリイチゲと合わせて花を見ることができます。








人工林内に生育するセリバオウレン
Nikon 20150301 058



















Nikon 20150301 083

全般的に雨の予報でしたが、このときの天候はやや回復傾向にあり、僅かながら青空も覗きました。
冷たい風雨に晒され、セツブンソウの花びら(萼)が透けて見えました。


スポンサーサイト
Trackback(-) comment (2) | 山間地域(広島県)
comment
co #-
いつも美しい写真を楽しみに拝見しています。

透き通ったセツブンソウが幻想的ですね。シベの色も美しい。

生育環境の周囲もルポしていただているのが、とても勉強になります。
2015/03/05(木) 12:42:46 | URL | edit
coさんへ。
noyama #-
こんばんは。
この日は午前中ほど天気が悪く、午後になってやや持ち直してきました。
春の雨とはいっても、風が少し強くて気温は低かったので、
ユキワリイチゲの群生地はどこか寂しい雰囲気でした。
ただ、セツブンソウは雨のおかげで透き通っていて、そればかりに注目していました。
2015/03/07(土) 20:56:23 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
中国地方・中国山地へ・・・・自然や植生、その風景を求めて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。