FC2ブログ
--/--/-- (--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2015/03/23 (月) 19:02:13

広島県北西部の花、山間で深まる春。

2015/03/21
Nikon 20150321 099


西中国山地の一角、主に広島県安芸太田町で花を見て回りました。
一番の目的は町内の人里付近に自生するアズマイチゲの花でしたが、その他にもカメラを向けながら、北広島町へも足を延ばしました。




















アズマイチゲの群生
Nikon 20150321 242

Nikon 20150321 247

Nikon 20150321 245

Nikon 20150321 105

Nikon 20150321 088

Nikon 20150321 102

Nikon 20150321 106

自生地は山の北側斜面下部で、石垣で組まれ、かつて耕作地であったと思われる平坦地を中心として、その周辺部にかけて群生しています。
斜面の植生はスギ・ヒノキ人工林や落葉広葉樹二次林に覆われています。
ここの個体群は、元々はこうした山林内か、あるいは耕作地との境界付近(林縁部)に生育していたことが考えられます。

現在では、自生地保護のための管理がなされており、チマキザサや灌木などの刈り払いは徐々に徹底したものになりつつあるようで・・・。
・・・今後の人為的活動や個体群の変遷に関して、注目していきたいと思っている場所です。















チマキザサの中で咲く。
Nikon 20150321 108



Nikon 20150321 090



斜面でも、青々としたチマキザサと枯れたワラビの葉などの間から、ちらほらと花を咲かせています。
Nikon 20150321 107

この光景は自然の状態に近いような雰囲気を感じさせてくれます。










オオイヌノフグリの鮮やかな青も加わって・・・。
Nikon 20150321 089

Nikon 20150321 094

Nikon 20150321 100

Nikon 20150321 096

Nikon 20150321 109















Nikon 20150321 246

アズマイチゲ
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草で、春の期間のみ地上部を展開・維持し、開花するスプリング・エフェメラル。
花弁のように見える白い萼(がく)は中心部で黒~紫色となり、葉の切れ込みが浅い点も含めて、よく似ているキクザキイチゲとは区別できる。
分布は北海道、本州、四国、九州であるが、東日本に自生が多く、一方で西日本(特に四国と九州)では自生地が限られている。
一つの見解として、主に太平洋側地域に分布が偏っているとされ、日本海側地域に多いキクザキイチゲとは棲み分けているともいわれている。
ただし、この傾向は必ずしも明瞭なものではなく、全国的には両種が混生している事例も少なくない。
自生地としては、冷温帯域の落葉広葉樹林内を拠点にしているとされ、その中の比較的明るい環境下に生育していたと考えられている。
また、雑木林などの二次林やその林縁部、果樹園、田畑の畦など、人里付近の環境にも適応して群生している場合もある。
自生地が限定的な中国地方では、自生事例としてはこの場合がほとんどであり、その影響で比較的温暖な山間部で見られることが多い。




















ホソバナコバイモ
Nikon 20150321 120

Nikon 20150321 118


ミヤマカタバミ
Nikon 20150321 122

Nikon 20150321 124


巨木の根元で群生。
Nikon 20150321 127








マンサク
Nikon 20150321 241


ヤブツバキ
Nikon 20150321 125


白梅
Nikon 20150321 115










野草たち
Nikon 20150321 112

Nikon 20150321 250

Nikon 20150321 251

ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、ハコベもありますが、いつもオオイヌノフグリの花色に目を奪われてばかりです。




















県境付近の地域へ・・・



雲月山(911.2m)付近、笹の稜線。
Nikon 20150321 239


霧ヶ谷湿原と臥竜山(1223.4m)
Nikon 20150321 135


八幡高原の集落
Nikon 20150321 145

急速に雪融けが進んでいるようですが、まだまだ雪深い・・・。




















Nikon 20150321 243

暖かな日和に深まる春を感じました。


スポンサーサイト
Trackback(-) comment (2) | 中国山地(西中国山地)
comment
美しいアズマイチゲ
まみ #-
このところデジブラができなくて(できないというより、しないというほうが
正しいかもしれませんが)、アズマイチゲの美しい姿、こちらのブログで久し
ぶりに拝見することができました。

以前は哲多町の無明谷もよく訪れていたのですが、今はその機会もなく、無明
谷も全面通行止めの状態のままですから、山野草の美しい姿をここでというこ
とはできなくなってしまいましたよね。残念です。

今日は、素敵なお写真に心癒されました。
この二、三日、寒い日が続きますが、それでも確実に春は訪れ、私たちの目を楽しませてくれます。

素敵なお写真をありがとうございました。
2015/03/24(火) 21:31:08 | URL | edit
まみさんへ。
noyama #-
おはようございます。
アズマイチゲの花が咲いて、季節が進んでいることを実感しました。

分布は中国地方の各地に散在している状態ですが、
中でも岡山県は比較的自生地が多く存在していると思います。
広島県でも、他にもあるようですが、それらは一般的ではありません。

無明谷は、あれほどしっかりと封鎖されてしまっては無理に立ち入ることもできませんね。
通行不能になる数年前には、道は細いながらもアスファルトが新しくて、
重要な生活道として機能していたことが窺えていましたが、
僅かな間に落石や倒木など、あと周囲からとけ出した石灰(?)などに覆われてすっかり様変わりしていました。

ただ、新見市には他にも自生地はあるので、そちらをまた来年にでも見て回れたら、と思っています。
2015/03/26(木) 09:28:37 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
中国地方・中国山地へ・・・・自然や植生、その風景を求めて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。