FC2ブログ
--/--/-- (--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2015/03/29 (日) 00:06:58

積雪地に咲くアズマイチゲ。

2015/03/26
Nikon 20150326 098


アズマイチゲは中国地方の各地に、限定的ではあるものの、自生地が散在しています。
それらは本来出現するという気候帯よりも、やや温暖な人里付近の人為的影響を受ける環境に偶然適応したものが多いとされています。
この日訪れた鳥取県の自生地もそうした一面があるようですが、一方で冬期の積雪によって自生が維持されている可能性も感じられました。




















集落内の生育地
Nikon 20150326 050

Nikon 20150326 079

Nikon 20150326 073

Nikon 20150326 047

Nikon 20150326 078

Nikon 20150326 069

Nikon 20150326 041










Nikon 20150326 077

この地域には広い範囲に自生があるようですが、まとまって群生しているところは限られています。
田畑の畦や集落内の道路沿いなどにも見られますが、これらは保護とは異なる目的の管理によって結果的に維持されているものと思われます。
人々の生活と深く関わり合いながらも、それは地域の中で見られる一つの風景に過ぎない・・・ということでしょうか。




















様々な場所で・・・
Nikon 20150326 152

Nikon 20150326 101

Nikon 20150326 158

耕作放棄地や林道の法面などでも僅かながら見られます。










雪が融けきって間もないと思われる箇所では、やっと花が開き始めたような・・・そんな雰囲気が感じられます。
Nikon 20150326 137

人為的な管理の及ばないいくつかの場所では、草刈りなどがなされずとも、枯れ草などが地表付近にべったりと伏せている状態となっています。
これは積雪が枯れ草などを長期間押し潰した形跡であり、季節的変化としては雪融けと同時に地表へ充分な光が届くようになっています。
アズマイチゲに限らず、こうした自然のサイクルがある環境は多くの春植物たちにおいても生育に適したものであると考えられます。




















トチノキ林内の生育地
Nikon 20150326 118

Nikon 20150326 138

Nikon 20150326 117

Nikon 20150326 106

Nikon 20150326 127

Nikon 20150326 111

Nikon 20150326 115










Nikon 20150326 143

比較的平坦な立地に若いトチノキで占められる林分が形成されており、林内には常緑低木のアオキのみが所々に生えています。
ただ、アオキは積雪によってさらに矮小化した姿となっており、加えて笹は全く見られないことから、少なくとも高木層を構成しているトチノキたちが芽吹く時期までは地表付近まで比較的光に恵まれた状況が続くものと見て取れます。
二次的な林分ではあるものの、こうした森林植生の中でアズマイチゲが群生している光景は個人的に新鮮な印象をもちました。










シカ(?)の糞
Nikon 20150326 110

林内のアオキは一部の葉が何らかの動物に食べられていました。
地表をよく見ると、足跡と思われる凹凸が目立ち、何よりも随所に糞が落ちていました。
この場所では何らかの動物によるある程度の環境攪乱が起きている可能性があります。

ただし、アオキの他に、どの植物がどの程度どのような被害を受けているか、という点は詳細には分かりませんでしたが・・・。
アズマイチゲにおいては、過度な踏みつけによる群落への悪影響が今のところの懸念事項ではあると思われます。




















アズマイチゲの横に、鮮やかなヤマエンゴサクの花色・・・。
Nikon 20150326 034















ヤマエンゴサク
Nikon 20150326 052

Nikon 20150326 051

Nikon 20150326 065





キンシベボタンネコノメソウ
Nikon 20150326 161



セリバオウレン
Nikon 20150326 100



フキ(ふきのとう)
Nikon 20150326 146




















Nikon 20150326 089


Nikon 20150326 033





光が差し込みにくい場所では花を開く時間帯が限られてしまいますが・・・。
Nikon 20150326 048















Nikon 20150326 081

この瞬間を待ちわびて・・・。


スポンサーサイト
Trackback(-) comment (4) | 中国山地(鳥取市・三朝町)
comment
びっくり!
もりはは #-
はじめまして!
すてきな花たちの写真をみせていただきました。
鳥取県西部に住んでいますが、アズマイチゲが県内にあるとは知らず、岡山まで見に行っていました。
希少植物調査会にも入っておりますが、ここの情報は無かったです。
可能でしたら、なにか情報をいただけないでしょうか?
突然のコメントで、申し訳ありません。
私はFC2で「大山だいすき!」というブログをしています。
2015/04/04(土) 01:50:09 | URL | edit
もりははさんへ。
noyama #-
はじめまして、こんばんは。
最近は忙しくなったり、パソコンがネットに繋がらなくなったりで、
記事の更新もままならず、その上コメントの返事も遅くなってしまい、申し訳ないです。
携帯からの返信なので、詳細は復旧してからメールでの連絡を考えておりますが、いかがでしょうか?
こうした記事をかいておきながらですが、この場での明言は避けたいので・・・。
時間がかかるかと思われますが、よろしいでしょうか?
2015/04/06(月) 19:57:40 | URL | edit
ありがとうございます!
もりはは #-
事情は十分、理解しております。
メールは、jasinden@yahoo.co.jpです。
よろしくお願いいたします!
2015/04/10(金) 23:54:06 | URL | edit
承認待ちコメント
#
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/03/21(月) 10:04:56 | | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
中国地方・中国山地へ・・・・自然や植生、その風景を求めて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。