FC2ブログ
--/--/-- (--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2015/03/27 (金) 19:16:56

早春の大江高山、咲き始めた花たち。

2015/03/21
Nikon 20150321 234

祖式町集落から見る山容。

島根県大田市、日本海にほど近い大江高山(808.0m)へ、南側の飯谷から登りました。
なだらかな低山・丘陵の広がる中で、付近一帯には比較的急峻で、標高1000mには満たないものの、抜きん出て高い山々が集中しています。
これらの山々は200万~90万年前の期間に火山活動をしていたと考えられており、この山域を総称して大江高山火山群としています。
そして、この山域の中には世界遺産である石見銀山も位置しています。




















麓の神社
Nikon 20150321 146

Nikon 20150321 233

山辺八代姫命神社(やまのべ やしろ ひめのみこと 神社)が登山口となっており、その近くに車を止めて出発・・・。
登山口(コース)がいくつかある中で、この飯谷コースは最短距離で山頂に至ります。
ただ、標高差は他と大差ないので、急登を要するコースであるといえます。















イズモコバイモ
Nikon 20150321 232

Nikon 20150321 228

Nikon 20150321 227

島根県固有のコバイモ(フリチラリア)で、この仲間としては花が大きく開く点が特徴です。
県内では東部と中部の地域に分布していますが、それでも自生地は極めて限られています。
一般的に目にすることのできる場所は中部の2箇所のみで、特に川本町の群生地がよく知られています。

ここは低木や他の草本類が少ない人工林内で、ヒノキも混じっていますが、造林木の主体はスギであるようです。
「少ない」とはいっても、草本類では他にミヤマカバミ、シャガ、ウバユリなども視認でき、全体的に湿潤な立地であることが見て取れます。








ユリワサビ
Nikon 20150321 224


芽吹くウバユリ
Nikon 20150321 147




















造林地の最上部
Nikon 20150321 153

どうやら、登り始めて少しばかり進んだところで登山道を外れたようです。
風雪害の著しい人工林の急斜面を、広葉樹林との林分境界付近まで登り詰めてしまいました。








Nikon 20150321 154

Nikon 20150321 157

Nikon 20150321 155

急斜面にはスギを主体とした造林が行われていたようですが、このように林分としては崩壊状態です。
冬期の積雪・着雪か、何らかの強風なのか、それは分かりませんが・・・。
地表は、幾重にも重なった倒伏木と大量の枝条部でほとんど見えない状態となっていました。

少しでも早い植生回復が望まれますが、地表がこの状態では新たな木々の定着は困難であると思われます。
倒伏木や枝条部などが土壌の流亡を緩和するという可能性もありますが、できれば後始末をして整地して植林して・・・
何か、早急に対策を施せたら良いのではないかと思います。


登山道を探しながら下ることにしましたが、倒伏木に残っている折れた枝が鋭く尖っていたり、分厚く堆積した枝条部の下に空間ができていたり・・・
その上、傾斜がきつい中では移動すらも大変で危険を伴います。




















何とか登山道に合流できた。
Nikon 20150321 158





沢を渡り、尾根に向けて斜面を斜めに登る。
Nikon 20150321 159

登山道は一部が斜面ごと崩れていました。





人工林と広葉樹林の林分境界となっている尾根。
Nikon 20150321 221

取りついた付近ではモウソウチクが生い茂っています。















粘土質の滑りやすい尾根を急登。
Nikon 20150321 219


露岩が目立つ。
Nikon 20150321 161


株立ちしているイヌブナの根元
Nikon 20150321 163










ヤブツバキ
Nikon 20150321 218


ダンコウバイ
Nikon 20150321 212


開花間近のアセビ
Nikon 20150321 213

尾根沿いには、人工林を除くと、コナラ、イヌシデ、ヤマザクラなどの落葉広葉樹とシラカシなどの常緑広葉樹が混生しています。
見える範囲では、林内にはヤブツバキがとても多く、他にヒサカキ、シロダモなどの常緑広葉樹もあり、緑濃い鬱蒼とした雰囲気が感じられます。
また、標高を稼ぐにつれて徐々にアセビも多く混じるようになっていきます。
高木層には落葉広葉樹が多いようでしたが、こうした林内の景観からは温暖な気候下にあることが見て取れます。




















常緑樹の多い林分を抜け、急に明るくなる。
Nikon 20150321 214

さらに登っていくと、ある一定の標高でヤブツバキをはじめとした常緑広葉樹の出現頻度が低下します。
アセビはまだ多く見られますが、主に暖温帯域の樹種はこの付近から疎らになっていくようです。








落葉広葉樹が優勢な森へ。
Nikon 20150321 166


Nikon 20150321 201


Nikon 20150321 211


Nikon 20150321 199

登るにつれて、ミズナラやカエデ類も見られるようになっていきます。
林床はチマキザサが濃くなり、加えて常緑低木のチャボガヤもところによっては繁茂しています。














やがて、大きな尾根に合流。
Nikon 20150321 185



祖式町の集落を見下ろす。
Nikon 20150321 200



山頂付近の僅かな残雪
Nikon 20150321 186




















ミスミソウ
Nikon 20150321 170

Nikon 20150321 208

Nikon 20150321 168

Nikon 20150321 182

Nikon 20150321 180

個体数は必ずしも多くはないようですが、登山道沿いにちらほらと咲いています。








ミスミソウの葉
Nikon 20150321 176




















山頂
Nikon 20150321 187


Nikon 20150321 191





大江高山山系
Nikon 20150321 198


旧仁摩町の中心部
Nikon 20150321 192


東の遠方に三瓶山
Nikon 20150321 194















そして下山・・・
階段などの段差もなく、粘土質で急傾斜の下りでは思わぬところで滑ります。
何度か派手に転びました。





最も低いところで咲いていたミスミソウ。
Nikon 20150321 220

その横には私のスリップ痕が・・・。





Nikon 20150321 225

下りでは登山口近くの道もしっかりと見えます。
あの時どこで道を外れたのか、なおさら分からなくなってしまいました。




















Nikon 20150321 226

帰り際に見たイズモコバイモ。


Trackback(-) comment (2) | 山間地域(島根県)
2015/03/23 (月) 19:02:13

広島県北西部の花、山間で深まる春。

2015/03/21
Nikon 20150321 099


西中国山地の一角、主に広島県安芸太田町で花を見て回りました。
一番の目的は町内の人里付近に自生するアズマイチゲの花でしたが、その他にもカメラを向けながら、北広島町へも足を延ばしました。




















アズマイチゲの群生
Nikon 20150321 242

Nikon 20150321 247

Nikon 20150321 245

Nikon 20150321 105

Nikon 20150321 088

Nikon 20150321 102

Nikon 20150321 106

自生地は山の北側斜面下部で、石垣で組まれ、かつて耕作地であったと思われる平坦地を中心として、その周辺部にかけて群生しています。
斜面の植生はスギ・ヒノキ人工林や落葉広葉樹二次林に覆われています。
ここの個体群は、元々はこうした山林内か、あるいは耕作地との境界付近(林縁部)に生育していたことが考えられます。

現在では、自生地保護のための管理がなされており、チマキザサや灌木などの刈り払いは徐々に徹底したものになりつつあるようで・・・。
・・・今後の人為的活動や個体群の変遷に関して、注目していきたいと思っている場所です。















チマキザサの中で咲く。
Nikon 20150321 108



Nikon 20150321 090



斜面でも、青々としたチマキザサと枯れたワラビの葉などの間から、ちらほらと花を咲かせています。
Nikon 20150321 107

この光景は自然の状態に近いような雰囲気を感じさせてくれます。










オオイヌノフグリの鮮やかな青も加わって・・・。
Nikon 20150321 089

Nikon 20150321 094

Nikon 20150321 100

Nikon 20150321 096

Nikon 20150321 109















Nikon 20150321 246

アズマイチゲ
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草で、春の期間のみ地上部を展開・維持し、開花するスプリング・エフェメラル。
花弁のように見える白い萼(がく)は中心部で黒~紫色となり、葉の切れ込みが浅い点も含めて、よく似ているキクザキイチゲとは区別できる。
分布は北海道、本州、四国、九州であるが、東日本に自生が多く、一方で西日本(特に四国と九州)では自生地が限られている。
一つの見解として、主に太平洋側地域に分布が偏っているとされ、日本海側地域に多いキクザキイチゲとは棲み分けているともいわれている。
ただし、この傾向は必ずしも明瞭なものではなく、全国的には両種が混生している事例も少なくない。
自生地としては、冷温帯域の落葉広葉樹林内を拠点にしているとされ、その中の比較的明るい環境下に生育していたと考えられている。
また、雑木林などの二次林やその林縁部、果樹園、田畑の畦など、人里付近の環境にも適応して群生している場合もある。
自生地が限定的な中国地方では、自生事例としてはこの場合がほとんどであり、その影響で比較的温暖な山間部で見られることが多い。




















ホソバナコバイモ
Nikon 20150321 120

Nikon 20150321 118


ミヤマカタバミ
Nikon 20150321 122

Nikon 20150321 124


巨木の根元で群生。
Nikon 20150321 127








マンサク
Nikon 20150321 241


ヤブツバキ
Nikon 20150321 125


白梅
Nikon 20150321 115










野草たち
Nikon 20150321 112

Nikon 20150321 250

Nikon 20150321 251

ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、ハコベもありますが、いつもオオイヌノフグリの花色に目を奪われてばかりです。




















県境付近の地域へ・・・



雲月山(911.2m)付近、笹の稜線。
Nikon 20150321 239


霧ヶ谷湿原と臥竜山(1223.4m)
Nikon 20150321 135


八幡高原の集落
Nikon 20150321 145

急速に雪融けが進んでいるようですが、まだまだ雪深い・・・。




















Nikon 20150321 243

暖かな日和に深まる春を感じました。


Trackback(-) comment (2) | 中国山地(西中国山地)
2015/03/15 (日) 07:32:41

西毛無山、ブナ林と3月の樹氷群。

2015/03/11
Nikon 20150311 081

白い稜線


岡山県新庄村、ブナ林とカタクリの群生で知られる毛無山(けなしがせん、1218.5m)の南西側に、標高1216mのピークがあります。
登山道の通じていないその地点は西毛無山と呼ばれ、当然ながら積雪期に限って登られることが多いようです。
今回は雪の無い時期には見られないブナ林などの植生を求めて、山頂に至る県境稜線を南側から辿りました。




















田浪キャンプ場付近(11:12)
Nikon 20150311 002

ひとまず、毛無山や白馬山(1060m)などの登山で拠点となる駐車場に車を止めます。
そこからは、登山道のある方面ではなく、除雪後も幾度となく積雪した道を僅かばかり進んで、キャンプ場から西側にそびえる県境稜線に向けて沢沿いのなだらかな斜面を登りました。










雲と舞う雪で毛無山や白馬山方面の稜線は見えない。
Nikon 20150311 008


若い落葉広葉樹二次林があったり無かったりする斜面を登っていく。
Nikon 20150311 006



Nikon 20150311 010


Nikon 20150311 009

薄暗い中、雪と風が時折強く吹きつけてきます。
不安もありましたが、ただ、時々覗く晴れ間に今後の天候回復を期待していました。




















トチノキの多い谷筋
Nikon 20150311 015

なだらかな斜面の途中で進路方向を若干北寄りに変え、まず谷を渡ります。
先ほどの斜面を除き、毛無山一帯は麓ほどスギの出現頻度が高く、これは拡大造林による影響も大きいようです。
この谷も例外ではなくスギはよく見られますが、ただしトチノキなどの落葉広葉樹の大木も多く、少なくとも造林地のような雰囲気はありません。








Nikon 20150311 016

谷を離れるとトチノキは見られなくなりますが、スギと落葉広葉樹の混交林は続きます。
ブナも見られますが、どちらかというとミズナラ、ミズメ、ホオノキなどの陽樹~中庸樹が目立ち、一方でスギも含めて比較的大きな木も多いです。
こうした林分は過去に人為的影響をどの程度、どのように受けてきたかが想像しにくいところ・・・。
しかし、多様な樹種が混生する森は今後長期に亘ってどのように変遷し、発達していくのか、興味深く感じられます。








ブナの巨木
Nikon 20150311 022

Nikon 20150311 018

Nikon 20150311 021

胸高(+積雪深)直径にして優に1mを超えています。
位置的にはまだ麓近くですが、そのことにも驚かされます。















ブナの冬芽がやや緩む。
Nikon 20150311 017


スギの着雪
Nikon 20150311 024


斜面のミズメの大木
Nikon 20150311 029


尾根で株立ちするイヌブナ
Nikon 20150311 028





時折吹く風が森の木々を煽り、その度にまとまった量の雪が落ちて白く霞みました。
Nikon 20150311 026




















ブナ林
Nikon 20150311 031

Nikon 20150311 033

谷を一つ渡ったところの尾根を延々と登っていくとやがてそれは不明瞭となり、徐々に傾斜を増しながら斜面をラッセルするようになっていきます。
スギを見かける機会は減り、落葉広葉樹を主体とした二次林となっていきますが、このように比較的発達したブナ林もあります。










急斜面を振り返って・・・。
Nikon 20150311 037


稜線が近い。
Nikon 20150311 044





そして稜線上。
Nikon 20150311 048

この位置は西毛無山から概ね南東へ延びる県境稜線・・・その上にある1060mピークの少し北側でしょうか。
幅は狭いながらも、このなだらかな稜線上にはブナ林がありました。















Nikon 20150311 050

Nikon 20150311 057










Nikon 20150311 056

Nikon 20150311 059

Nikon 20150311 063

Nikon 20150311 064








鳥取県側の展望
Nikon 20150311 074

岡山県側の斜面はブナ林やブナの混じる二次林などに覆われています。
一方で、鳥取県側は先述のものよりもさらに若い二次林となっており、これにはアカマツなどの先駆的な性格の強い陽樹も混生しています。
また、木々の少ないところや生えていないところ(チマキザサの笹原?)もあります。




















木々の梢には着雪による白から、徐々に樹氷へと変わっていく・・・。
Nikon 20150311 066

Nikon 20150311 061

996mピークを越え、その直後の鞍部から少し痩せ気味の稜線を登っていきます。
この登りは今回の稜線歩きの中で最も長く、標高を一気に稼いでいきます。















Nikon 20150311 077

Nikon 20150311 087

Nikon 20150311 079

Nikon 20150311 090

Nikon 20150311 086

Nikon 20150311 095

Nikon 20150311 084








県境稜線を急登。
Nikon 20150311 093










Nikon 20150311 096



星山(1030.3m)から櫃ヶ山(953.5m)にかけての稜線は周辺の山並みよりも一際高くそびえています。
Nikon 20150311 098


毛無山にかけての稜線越しに望む大山山系。
Nikon 20150311 103


この付近から鳥取県側へ派生する尾根沿いにもブナ林が見えます。
Nikon 20150311 105





Nikon 20150311 099




















1180m台のピークを過ぎると、大木の多い良好な状態のブナ林に覆われた、なだらかな稜線沿いを進みます。
Nikon 20150311 129








Nikon 20150311 108

Nikon 20150311 107

Nikon 20150311 113

Nikon 20150311 117

Nikon 20150311 118

Nikon 20150311 112

Nikon 20150311 127















稜線沿いのブナ
Nikon 20150311 114

この付近でも巨木を見つけました。


単独で、最大50㎝ほどの新雪層をひたすらラッセル・・・
ふと気づけば、水分補給を一口、二口くらいでここまで来ていました。
巨木の根元には寒波前に形成された根開きがあり、ここで吹き晒す風を凌ぎながら遅い昼食をとりました。




















西毛無山(1216m)に到着。
Nikon 20150311 121

Nikon 20150311 122

15時過ぎ、ここまで4時間も掛かってしまいました。
この後は毛無山方面に向けて県境稜線を伝い、山頂からは登山者のトレースを辿って下るか、最悪でも稜線の途中で斜面を下ることを考えていました。
ところが、この区間は雪庇の発達が著しく、踏み抜きや滑落などの危険性とルートの選択肢が限られることを考慮してこの案は断念・・・。
結局、登りでつけたトレースを辿って戻ることになりました。










毛無山方面
Nikon 20150311 123


弓ヶ浜方面
Nikon 20150311 126















すっかり晴れ渡っていた。
Nikon 20150311 130


西毛無山側の稜線
Nikon 20150311 133


キャンプ場付近
Nikon 20150311 132

時刻は16時半・・・
下りではペースを上げ、さらに996mピーク付近から派生する尾根に乗ってショートカットし、登りの1/2以下の時間で麓に出ました。










毛無山と田浪川
Nikon 20150311 135

厳冬期並みの寒波に見舞われましたが、この一帯ではちょうど昼頃に雪雲が過ぎ去ったようです。
新雪のラッセルに苦労しましたが、この山域の森について理解が深まり、加えて樹氷も見ることができたので良かったです。




















Nikon 20150311 119

この日、一番良かったと思う一枚。


Trackback(-) comment (6) | 中国山地(真庭市・新庄村)
2015/03/10 (火) 08:16:29

雪の残る三瓶山と多根に咲くユキワリイチゲ。

2015/03/06
Nikon 20150306 007

春が感じられる。


島根県大田市、中国山地から日本海側へ逸脱した位置にある独立峰、三瓶山の麓を少し見て回りました。
そして、そろそろ見ごろとなるであろうユキワリイチゲの花の群生も見に行きました。















「定めの松」と西の原
Nikon 20150306 001


北の原ではまたしてもクロマツの大木が枯れていた。
Nikon 20150306 035




















北麓のユキワリイチゲ群生地
Nikon 20150306 011



Nikon 20150306 031

Nikon 20150306 034

Nikon 20150306 025

Nikon 20150306 015

Nikon 20150306 019


Nikon 20150306 029

Nikon 20150306 030

Nikon 20150306 023

Nikon 20150306 012










Nikon 20150306 021

ユキワリイチゲ
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。
本州(近畿地方以西)、四国、九州など、西日本に分布するスプリング・エフェメラル(春植物)。
ただ、前年の晩秋に葉を展開し、以後早春の開花に至るまでそれを維持する点は他の春植物にはない特徴である。
よって、雪深い地域には生育せず、積雪が皆無もしくは少ない(断続的に積雪状態と無雪状態を繰り返すような)地域に偏っている。
自生地は主に暖温帯域の谷筋や渓谷沿い、急傾斜地など、土砂の流動が著しい(特に堆積作用の大きい)箇所が多いとされる。
その他、林縁部や道路沿い、寺社境内など、人里付近の環境に適応して群生している事例も多い。
地下茎による増殖で同じ遺伝子型をもつ集団(群落)を形成していることが多く、そのため種子形成が見られることは少ない。















群生地の下部、川沿いはケヤキなどの混じるスギ人工林に覆われています。
Nikon 20150306 027





群生地は道路の法面(川側)。
Nikon 20150306 026

Nikon 20150306 014

これらの個体群は、元々は川沿いに生育していたものと考えられ、道路が開設された後にこの法面へ移動してきたことが推察できます。

法面の群生地は比較的日当たりの良い環境で、夏場は他の草本類が生い茂っているものと思われます。
ただ、保護管理などの草刈りによって、少なくとも冬場を中心にユキワリイチゲが生育しやすい環境を整えてあります。




















Nikon 20150306 020

三瓶山の、北の原よりもさらに下った北麓で、今年もこの季節を迎えました。


Trackback(-) comment (0) | 山間地域(島根県)
2015/03/07 (土) 20:58:13

緑濃い道祖渓、早春の目覚め。

2015/03/05
Nikon 20150305 022


岡山県井原市、なだらかな高原にある溜池から麓へ流れ下る一部の区間は深く浸食され、大小様々な岩石や滝が連続する渓谷となっています。
道祖渓は比較的常緑樹が多くて冬でも緑豊かな雰囲気がありますが、浸食している地質が輝緑岩とのことで、それらの要因もあるのかもしれません。




















明治池
Nikon 20150305 054


遊歩道
Nikon 20150305 053

今回は上流側の明治池から遊歩道を下り、その往復としました。
歩き始めて早速のところ、明治池から流れ出した直後にこの渓谷最大の滝が待ち構えています。
よって、順路的には下流側から歩き始めるのが良いかもしれませんが・・・。










竜門の滝
Nikon 20150305 052

古くは西滝と称され、現在でも「西の滝」と呼ばれることもあるようです。
ここから下流にいくつもの滝や淵があり、それぞれにも名称はありますが、よく確認していません。








Nikon 20150305 006

Nikon 20150305 011

Nikon 20150305 013

Nikon 20150305 014

Nikon 20150305 021

Nikon 20150305 024

Nikon 20150305 026

Nikon 20150305 033

Nikon 20150305 046

Nikon 20150305 043




















遊歩道沿いの崖
Nikon 20150305 049




















横に伸びたカヤの側枝
Nikon 20150305 048


ナンテン
Nikon 20150305 015


岩肌を覆うマメヅタ
Nikon 20150305 016










Nikon 20150305 017

全体的には常緑広葉樹と落葉広葉樹を主体とした混交林であり、この中には常緑針葉樹のカヤも僅かに混じっています。
高木層に達している常緑広葉樹はアラカシがほとんどで、僅かながらカゴノキもあります。
落葉広葉樹はまだ芽吹いていませんが、渓谷沿いほどケヤキが多く、他にノグルミ、アベマキ、コナラなども斜面などでは視認できます。

林内にはヤブツバキとネズミモチがよく目につき、他にヒサカキもあります。
また、ナンテンもかなり多く見られます。
さらに暖温帯という気候下であるため、常緑性のつる性植物も多く、テイカカズラ、イタビカズラ、キヅタ、ムベ、マメヅタなどがあります。
林床には、安定的な斜面や日当たりの良い箇所などでは低地性の笹が茂っていますが、全体的に多くはないようです。
常緑小低木のヤブコウジをはじめ、シダ植物やスゲ類など、下層植生はある程度豊かなようです。

樹種それぞれの出現頻度は箇所によってまちまちですが、樹種構成としては二次林であることが考えられます。
ただ、常緑広葉樹が多いことや大きな木もあることから、温暖な地域の貴重な植生景観として発達していると見て取れそうです。








下流部では、樹皮の深く割れるアベマキなどの落葉広葉樹が主体の林分となっているようです。
Nikon 20150305 038




















Nikon 20150305 035




















ヤブツバキ
Nikon 20150305 008


ナガバノタチツボスミレ
Nikon 20150305 019





花を閉じているユキワリイチゲ
Nikon 20150305 027

Nikon 20150305 031

Nikon 20150305 030




















Nikon 20150305 042

季節的変化の少ないように見える中でも、目を凝らすと春の兆しが感じられます。


Trackback(-) comment (2) | 岡山県南部
中国地方・中国山地へ・・・・自然や植生、その風景を求めて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。